2015年08月10日

アルスラーン戦記(4):汗血公路

アルスラーンの名によって発された檄に応じてパルスの各地から王太子軍に参加する武将や貴族とその兵士たちが集まった。
イスファーン、トゥース、ザラーヴァントなどの有能な部下が増える一方で、これらの新参組とペシャワールに至るまでにアルスラーンを助けて側近として仕えていた者たちとの間に不協和音が生じる。
ナルサスは新参組の中から人徳のある老貴族ルーシャンを中書令に推してアルスラーン陣営のまとまりを図った。
ギーヴとナルサスは話し合って、新参組とわざと悶着を起こしてギーヴがアルスラーン陣営を出ていく芝居を打った。ナルサスは自由を好むギーヴを秘密の単独行動の遊兵として野に放ったのである。
一方、ヒルメスはザーブル城を攻略し、大司教ボダンはマルヤムへと逃亡した。
アルスラーンのもとへ向かっていたクバードは、途中ダイラム地方に迷い込み、偶然、妹を探していたアルフリードの兄メルレインと出会い、マルヤムから落ちのびてきたイリーナ姫をルシタニア兵から共に助けることとなった。
イリーナ姫は幼い頃出会ったヒルメスを想い続けており、彼のもとへ行こうとしていた。
メルレインは妹のアルフリードを探すことを一時中断してイリーナ姫をヒルメスのもとへ連れて行くことに協力する。
アルスラーン軍はエクバターナに向けて進軍し、まずチャスーム城を陥とす。次にサン・マヌエル城に近付いたとき、軍事訓練を兼ねた狩猟祭で、偶然同じ狩場で出くわしたルシタニア軍と遭遇戦となり、ナルサスはそのまま勢いに乗ってサン・マヌエル城を攻めることを決める。
この戦いでルシタニアの騎士見習いエトワールはパルス軍の捕虜となる。
年の近いアルスラーンとエトワールは、反発しあいながらもお互いに強い印象を抱く。
サン・マヌエル城にいた女子供を含むルシタニア人の生き残りたちは、アルスラーンに助けられながら共にエクバターナに向かうことになった。
アルスラーンに後れを取っていることを感じたヒルメスは、自分の重要性を高めるため、自分が正当のパルス王位継承者ヒルメスであることをギスカールに打ち明けた。
ヒルメスは魔導士達にそそのかされ、王権の象徴である宝剣ルクナバードを手に入れることを決意する。
パルス王家の事情に関心を持ったギスカールは地下牢でアンドラゴラスに面会する。アンドラゴラスは密かに鎖を腐食させ脱出の機会を窺っており、ギスカールとの面会のチャンスに鎖を引きちぎってギスカールを捕らえ、牢を抜け出した。
アンドラゴラスはギスカールを人質にしてタハミーネと共にエクバターナを脱出する。
その頃、パルスの東北で草原の国トゥラーンが風雲急を告げるのであった。




posted by AYA at 15:23| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

寄生獣

ずいぶん昔に読んで面白かった記憶があったので、欲しいなあとは思ってたんですが、なんとなく放置していたのを(何年だ…)、この前映画になったのをきっかけにとうとう大人買いしました。
このタイミングだったので値上がりしちゃってたんですが、まあ、今はカラーの多くてサイズも大きい完全版版が出てるので、新しいの買ってしまいました。
やっぱ、今読んでも名作ですわ。
深夜にアニメもやってますね。キャラデザが大幅に変わってたり、色々改変されてて、一部ではえらく叩かれちゃってますが^^;。
まあ、確かに私も、もうちょっと原作テイストは欲しかったなと思う。
ちなみに、ミギーの声は想像つかなかったけど、中尾さん(フリーザ様とかの人ね)がイメージだった、という意見を見かけて、あ、それはぴったりだわwwwと思った。平野さんも聞きなれれば可愛くていいですけどね。
しかし、最近の日本のアニメでは厚みと重みのある作品を作るのは難しいのかな。アニメで重厚なものはウケないのかもなあ。
映画も観てきましたが、こちらも多少残念な改変はあるものの、まだ原作の雰囲気には近かったと思います。
新一役の男の子が演技上手だったなー。
「T2」制作にあたって映画化権をハリウッドに握られていたそうですが、まずまずの日本版の本家が出来たので(後篇まだですけどね)ハリウッドのリメイク実現してほしいな。でも、やっぱり向こうでは「T2」とか「物体X」の方が知名度高くてこっちがパクリと思われちゃうのかなー。
…アニメもリメイクしてほしい^^;。
岩明先生の作品はこれしか読んだことないのですが、「ヒストリエ」も評判良いですね。歴史もの好きだから読んでみたいかも。

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット -
寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット -
ラベル:コミック
posted by AYA at 23:48| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

アナと雪の女王

ストーリー:
アレンデール王国の第一王女エルサは生まれつき物を凍らせたり氷雪を操る能力を持ち、幼いある日、その力の為に一緒に遊んでいた妹のアナを危険な目に会わせてしまう。
強力になっていく力を恐れたエルサ自身と両親の王と妃はエルサを王宮内に隔絶して保護し、城を閉ざした。エルサは妹の安全の為にアナとも距離をとるようになる。エルサの力に関する記憶を失くしたアナは姉に避けられる理由が分からず悲しく思う。
やがて国王夫妻は海難事故で亡くなってしまい、その三年後に成人したエルサが女王として即位することとなった。
十数年ぶりに城門が解放される戴冠式の日、はしゃぐアナと、一日だけ力を隠して女王として戴冠式を乗り切る為に緊張しながら努力するエルサ。
アナは戴冠式に訪れた「南諸島の王国」の王子ハンスと出会い恋に落ち、二人はその日の内に婚約をする。姉のエルサとも久しぶりに会話を交わし、楽しい思いをしたのも束の間、エルサに早すぎる婚約を認めてもらえず口論になる。
傷ついたエルサは思わず能力を爆発させてしまい、国民に力のことを知られてしまった。エルサは北の山に逃げ出し、氷の城を築いて独りで、しかし自由に生きていくことを決心する。
エルサの力は留まるところを知らず、自分でも制御できないまま王国を冬の世界に閉ざしてしまう。アナは姉を取り戻すために、そして王国を救う為にエルサを探して、途中で出会った氷職人のクリストフや夏に憧れる雪だるまのオラフと共に冒険の旅に出るが…。

コメント(ネタバレあり):
たまたま見かけたPVに惹かれて観に行きました。映像がすごくきれいで、脳内ヘビロテになる主題歌と共にエルサが魔法で氷の城を作るシーンは圧巻です。とにかく、エルサの美しさは異常w。「可愛い女の子」型ではなく「セクシーな大人の女性」型のヒロインというのは「ノートルダムの鐘」のエスメラルダ以来かな?しかしそれに比べて男性陣のキャラデザがちとアレですがw。
色々な意味でディズニーの「型」を破っている作品。
まず。ダブル・ヒロインというのもそうですし、王子様役がまさかのヴィランでもあるというサプライズ。
ディズニーのヴィランは最初からヴィランとして出てくるのが多いですが、人が変わるというか、こういうパターンは珍しいよね?初めのハンスは私的にはディズニー史上最高レベルの好感度の王子でしたよw。「扉開けて」とか二人のデュエットはとっても可愛かったし。
私は何かあんまりアナとクリストフの間にそれほど愛を感じられなかったんですよね。どっちかというと二人は戦友っぽい感じな気がする。恋愛対象に見えてなさそうだったクリストフとの唐突なくっつき方に比べたら、気が合ったハンスと二人で可愛くダンスしながら即婚約、の方がよほどリアリティがあるように見えましたよ。
ハンスって、結構最初の好青年ぶりが地じゃないかと思ったりする訳です。人を騙せるだけの薄っぺらな上辺だけではない演技ができるというのは、それだけ好男子の理想像を理解して身に付けていたということではないかと。
たくましすぎる野心の為に道をそれてはしまったけど、初めの計画通りエルサと結婚していたら、結構まともな国王になってたりして。でもやっぱ領土拡大を狙って他国に侵略とかしたのかなー(笑)。
あそこまで上昇志向なら、脱獄して十二人の兄達やアレンデールにリベンジを企ててほしいところですw。王子様役でもヴィランでもあるという点で、ある意味かえって単純なヒーロー王子より魅力を増したキャラなんじゃないでしょうか。
ハンスは「会ってその日の内に結婚を望むとはね」と呆れたり、結構常識的な一面もあって、何気にディズニー的恋愛への皮肉にもなってますw。
「塔の上のラプンツェル」でも思いましたが、最近のディズニーのヴィランは、単なる悪の具象ではなくて「価値観・立場が主人公達と相容れないベクトルに異なる一個のキャラクター」として描かれてきていますね。もともと善悪二元論はあんまり好きでは無かったけど、これはこれでディズニーらしくなくてモヤっともするなあ^^;。
この映画のテーマは「凍った心を溶かす真実の愛」ですが、これも今迄のディズニーの描いてきた「愛」とは違って、王子様とお姫様の愛の力でめでたしめでたし、なんてお話ではありません。
せっかく恋愛脳な甘ったるい話ではないストーリーなのに、姉妹愛によって突然エルサが能力を制御できるようになるとか、結局あまり具体性が無く、愛の力は何でもアリ、になっちゃってたのがちょっと残念。
しかし、これまでのディズニー作品との違いを楽しめますし、十分に見ごたえのある作品で、大きなスクリーンで見る価値のある作品でした。DVD早く出てほしいな。

おまけに「Let It Go」の歌詞・翻訳☆
The snow glows white on the mountain tonight,
not a footprint to be seen.
A kingdom of isolation and it looks like I'm the queen.
The wind is howling like this swirling storm inside.
Couldn't keep it in, Heaven knows I tried.
Don't let them in, don't let them see.
Be the good girl you always have to be.
Conceal don't feel, don't let them know.
Well, now they know!

Let it go, let it go.
Can't hold it back anymore.
Let it go, let it go.
Turn away and slam the door.
I don't care what they're going to say.
Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway.

It's funny how some distance,
makes everything seem small.
And the fears that once controlled me, can't get to me at all
It's time to see what I can do,
to test the limits and break through.
No right, no wrong, no rules for me.
I am free!

Let it go, let it go.
I am one with the wind and sky.
Let it go, let it go.
You'll never see me cry.
Here I stand, and here I'll stay.
Let the storm rage on.

My power flurries through the air into the ground.
My soul is spiraling in frozen fractals all around
And one thought crystallizes like an icy blast
I'm never going back; the past is in the past!

Let it go, let it go.
And I'll rise like the break of dawn.
Let it go, let it go
That perfect girl is gone
Here I stand, in the light of day.

Let the storm rage on!
The cold never bothered me anyway

今夜、雪は山に白く降り積もり、足跡ひとつ見えなくなる。
孤絶した王国で、そして私はその女王のようなもの。
風がうなっている。胸の中で渦を巻く心の嵐と同じ様に。
力を抑えきれなかったけれど、天は私の努力を知っているわ。
「みんなを中に入れては駄目」「みんなに見せては駄目」
「良い子にしているのよ。いつもそうしていなくてはいけないの」
「隠して秘密に」「感情を殺して」「みんなに知られないように」
ああ、みんなが知ってしまった!

なるようになれ、仕方がない。
もうこれ以上押し隠してはおけないもの。
なるようになれ、仕方がない。
背を向けて扉をバタンと閉めるの。
みんなが何を言おうと気にしないわ。
嵐が吹き荒れたっていいわ。
どうせ寒くて参ったことなんてないもの。

おかしなものね。距離を置けば何もかも小さく見えるわ。
それに、かつて私を支配していた恐れも、もう私には届かない。
私に何ができるか見てみる時期ね。
限界に挑戦して突破するの。
正しさも間違いも無い。私には何の制約もない。
自由なの!

なるようになれ、仕方がない。
風と空と一体になるの。
なるようになれ、仕方がない。
もう決して泣き顔は見せないわ。
ここが私の舞台、そして私の居場所なの。
嵐が吹き荒れたっていいわ。

私の力が宙を貫き地に吹き付ける。
凍りついた図形模様が周囲を取り巻き、
その中で私の魂は渦巻き舞い上がっている。
そして一つの考えが吹雪のように結晶化されてゆく。
もう二度と戻ることは無いわ。
過去はもう過ぎ去ったこと!

なるようになれ、仕方がない。
夜明けが来たように私の人生の日の出を迎えよう。
なるようになれ、仕方がない。
完璧な娘はもういない。
ここが私の舞台、日の光の当たる場所。
嵐が吹き荒れたっていいわ!
どうせ寒くて参ったことなんてないもの。
posted by AYA at 23:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

アルスラーン戦記(3):落日悲歌

パルス東方のペシャワール城砦を根拠に据えたアルスラーン一行は、東隣国シンドゥラの後継者争いにおいて優位に立とうと功績を立てる為に侵入してきたラジェンドラ王子軍を奇策を用いて破り、ラジェンドラ王子を捕虜にする。
強引にラジェンドラ王子と同盟を結んだアルスラーン陣営は、ラジェンドラ王子に加担してライヴァルのガーデーヴィ王子を退け、彼を王太子にして東方を安定させる為にシンドゥラへと遠征した。
アルスラーン軍とラジェンドラ軍は二手に分かれ、シンドゥラの国都ウライユールへ進撃を続けるが、両軍が合流した時、病に倒れていたシンドゥラ国王カリカーラが意識を回復し、争う王子二人に神前決闘で決着をつけるように命じる。
シンドゥラの両王子はそれぞれ代理人を立てて決闘をすることとなり、ラジェンドラはアルスラーンに頼み込んでダリューンを自分の代理人に立てさせる。
ダリューンはガーデーヴィ王子側の代理人である無痛症の怪巨人バハードゥルを破り、見事に勝利を収めるが、ガーデーヴィ王子はラジェンドラ王子が王位継承者に決定されたことを認めず反乱を起こす。パルスの老将軍バフマンはガーデーヴィ軍の刃に倒れ、アルスラーンの出生の秘密についてついに明かすことなくこの世を去った。
ガーデーヴィ王子は五日後に捕らえられて処刑された。
アルスラーンはこのシンドゥラ遠征でシンドゥラ人ジャスワントを味方に加える。
一方ヒルメスは、ルシタニアの王弟ギスカール公の要請を受け、イアルダボート教の大司教ボダンが聖堂騎士団(テンペレシオン)と籠るザーブル城の攻略を開始するのであった。

posted by AYA at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1)

ミタライコミック買いました。
コミックの画像をググったとき、原さんの絵がすごくキラキラな感じで(笑)耽美な御手洗だなあと思いましたが、実際に読んでみるとそれほどでもなく、カッコイイ絵でけっこう好みな方でした。
「糸ノコとジグザグ」が良い感じにアレンジされていてヒューマニズムあふれる作品に仕上がってます。…正直原作よりいい話になってるかもしれない(^^;)。もちろん原作も面白いんですが。
林DJがかっこいいです。福島Dと一緒にまた出してほしいくらいだw。
このコミックスには「糸ノコとジグザグ」「傘を折る女」が収録されていて、夏には「山高帽のイカロス」が出るそうです。
いずれ短編だけでなく長編も読んでみたいですね。いつかレオナさんは出てくるのかw。
あと「ミタライ」と一緒に京極の「後巷説百物語」の三巻も買いました。これも「前」「西」までやってくれるのか気になるところ。



posted by AYA at 19:40| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。