2015年08月10日

アルスラーン戦記(4):汗血公路

アルスラーンの名によって発された檄に応じてパルスの各地から王太子軍に参加する武将や貴族とその兵士たちが集まった。
イスファーン、トゥース、ザラーヴァントなどの有能な部下が増える一方で、これらの新参組とペシャワールに至るまでにアルスラーンを助けて側近として仕えていた者たちとの間に不協和音が生じる。
ナルサスは新参組の中から人徳のある老貴族ルーシャンを中書令に推してアルスラーン陣営のまとまりを図った。
ギーヴとナルサスは話し合って、新参組とわざと悶着を起こしてギーヴがアルスラーン陣営を出ていく芝居を打った。ナルサスは自由を好むギーヴを秘密の単独行動の遊兵として野に放ったのである。
一方、ヒルメスはザーブル城を攻略し、大司教ボダンはマルヤムへと逃亡した。
アルスラーンのもとへ向かっていたクバードは、途中ダイラム地方に迷い込み、偶然、妹を探していたアルフリードの兄メルレインと出会い、マルヤムから落ちのびてきたイリーナ姫をルシタニア兵から共に助けることとなった。
イリーナ姫は幼い頃出会ったヒルメスを想い続けており、彼のもとへ行こうとしていた。
メルレインは妹のアルフリードを探すことを一時中断してイリーナ姫をヒルメスのもとへ連れて行くことに協力する。
アルスラーン軍はエクバターナに向けて進軍し、まずチャスーム城を陥とす。次にサン・マヌエル城に近付いたとき、軍事訓練を兼ねた狩猟祭で、偶然同じ狩場で出くわしたルシタニア軍と遭遇戦となり、ナルサスはそのまま勢いに乗ってサン・マヌエル城を攻めることを決める。
この戦いでルシタニアの騎士見習いエトワールはパルス軍の捕虜となる。
年の近いアルスラーンとエトワールは、反発しあいながらもお互いに強い印象を抱く。
サン・マヌエル城にいた女子供を含むルシタニア人の生き残りたちは、アルスラーンに助けられながら共にエクバターナに向かうことになった。
アルスラーンに後れを取っていることを感じたヒルメスは、自分の重要性を高めるため、自分が正当のパルス王位継承者ヒルメスであることをギスカールに打ち明けた。
ヒルメスは魔導士達にそそのかされ、王権の象徴である宝剣ルクナバードを手に入れることを決意する。
パルス王家の事情に関心を持ったギスカールは地下牢でアンドラゴラスに面会する。アンドラゴラスは密かに鎖を腐食させ脱出の機会を窺っており、ギスカールとの面会のチャンスに鎖を引きちぎってギスカールを捕らえ、牢を抜け出した。
アンドラゴラスはギスカールを人質にしてタハミーネと共にエクバターナを脱出する。
その頃、パルスの東北で草原の国トゥラーンが風雲急を告げるのであった。




posted by AYA at 15:23| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

寄生獣

ずいぶん昔に読んで面白かった記憶があったので、欲しいなあとは思ってたんですが、なんとなく放置していたのを(何年だ…)、この前映画になったのをきっかけにとうとう大人買いしました。
このタイミングだったので値上がりしちゃってたんですが、まあ、今はカラーの多くてサイズも大きい完全版版が出てるので、新しいの買ってしまいました。
やっぱ、今読んでも名作ですわ。
深夜にアニメもやってますね。キャラデザが大幅に変わってたり、色々改変されてて、一部ではえらく叩かれちゃってますが^^;。
まあ、確かに私も、もうちょっと原作テイストは欲しかったなと思う。
ちなみに、ミギーの声は想像つかなかったけど、中尾さん(フリーザ様とかの人ね)がイメージだった、という意見を見かけて、あ、それはぴったりだわwwwと思った。平野さんも聞きなれれば可愛くていいですけどね。
しかし、最近の日本のアニメでは厚みと重みのある作品を作るのは難しいのかな。アニメで重厚なものはウケないのかもなあ。
映画も観てきましたが、こちらも多少残念な改変はあるものの、まだ原作の雰囲気には近かったと思います。
新一役の男の子が演技上手だったなー。
「T2」制作にあたって映画化権をハリウッドに握られていたそうですが、まずまずの日本版の本家が出来たので(後篇まだですけどね)ハリウッドのリメイク実現してほしいな。でも、やっぱり向こうでは「T2」とか「物体X」の方が知名度高くてこっちがパクリと思われちゃうのかなー。
…アニメもリメイクしてほしい^^;。
岩明先生の作品はこれしか読んだことないのですが、「ヒストリエ」も評判良いですね。歴史もの好きだから読んでみたいかも。

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット -
寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット -
ラベル:コミック
posted by AYA at 23:48| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1)

ミタライコミック買いました。
コミックの画像をググったとき、原さんの絵がすごくキラキラな感じで(笑)耽美な御手洗だなあと思いましたが、実際に読んでみるとそれほどでもなく、カッコイイ絵でけっこう好みな方でした。
「糸ノコとジグザグ」が良い感じにアレンジされていてヒューマニズムあふれる作品に仕上がってます。…正直原作よりいい話になってるかもしれない(^^;)。もちろん原作も面白いんですが。
林DJがかっこいいです。福島Dと一緒にまた出してほしいくらいだw。
このコミックスには「糸ノコとジグザグ」「傘を折る女」が収録されていて、夏には「山高帽のイカロス」が出るそうです。
いずれ短編だけでなく長編も読んでみたいですね。いつかレオナさんは出てくるのかw。
あと「ミタライ」と一緒に京極の「後巷説百物語」の三巻も買いました。これも「前」「西」までやってくれるのか気になるところ。



posted by AYA at 19:40| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

天国からの銃弾

島田作品は御手洗シリーズ以外も単作で面白いものが多いので、読み残しているものをちょっとづつ網羅していこうかと思ってます。今回は最近読んだものを。表題作を含め三作をまとめたノヴェルズです。

「ドアX」
女性の独白で綴られてゆく小作ですが、島田作品を読み慣れてると、割と序盤の方で、ああ、この女性は(ピー)なんだなとオチが分かってしまった^^;。
この作者ならではのエグさと毒といい、相変わらずの女性観ですw。

「首都高速の幽霊」
事故か殺人か、一人の男の死に関するある事件の顛末。とにかく不快でない人間が一人も出てこない(笑)。
途中から業界の話が続いて、そこは興味がなければちょっと退屈ですが、これもやはり奇想と偶然に満ちた島田作品らしい作品です。

「天国からの銃弾」
毎日富士山を望む自宅の高楼からの眺めを写真に撮り続けていたある老人のその趣味が、家族を巻き込む事件に発展してしまう。
何か推理物を読んでると、自分の頭の悪さを実感してしまいますorz。まあ島田作品の場合は当てる方がムチャ、というところがあるとはいえ、自分は見落とし多かったな;。
しかし、島田作品ではよくありますが、「〜では(には)当然」って、それ、全然当然じゃありませんから;!
息子のことなら気付けよ、おじーちゃん;;って思いますが、最後はお爺ちゃんKAKKEEEEEってなります。

posted by AYA at 16:30| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

アルスラーン戦記(2):王子二人

ストーリー:
アルスラーン一行は諸侯(シャフルダーラーン)ホディールのいるカシャーン城砦へ赴くが、ホディールはダリューンやナルサスらを排して自分が王太子を擁し権力を握ろうと企む。それを見抜いた一行は奇襲してきたホディールの部隊に反撃しホディールを返り討ちにする。
危地を逃れたアルスラーン一行は、パルスで最大の兵力が残っている東方のペシャワール城砦へ向かうことにした。
銀仮面卿ことヒルメスは、カーラーンの息子ザンデを配下に加えてアルスラーン一行を追跡し、アルスラーン一行は分散してそれぞれペシャワールへの道を進むことになる。
一行は偶然にアルスラーン・エラム・ギーヴ組とダリューン・ファランギース組、そしてナルサス一人に分かれ、ナルサスは途中でヒルメスに討たれた義侠ゾット族の族長の娘アルフリードを助けて共に旅をすることになった。
一方、ルシタニア勢ではますます内部の対立が深まっていた。
イノケンティウス七世や王弟ギスカール公と対立を深める大司教ボダンは、私兵の聖堂騎士団(テンペレシオン)を召喚する。
魔道士たちの仕業によって聖堂騎士団の団長が殺害され、ルシタニア勢の対立は一層緊迫したものになり、ギスカールはヒルメスを呼び戻す。ボダンは聖堂騎士団を率いてエクバターナから出て行った。
ペシャワールの城砦では、隣国シンドゥラから侵攻を受けるが、城砦を守る双刀将軍(ターヒール)キシュワードはこれを撃退する。
アルスラーン一行がとうとうペシャワールに到着したその夜、ヒルメスは城砦に忍び込むが、アルスラーンを討とうとしたところをペシャワールの将たちに囲まれてしまう。
ただ一人パルス王家とアルスラーンの出生の秘密を知るペシャワールの万騎長(マルズバーン)バフマンは「そのお方を殺せばパルス王家の血が絶えてしまう」と叫び、その隙にヒルメスは堀に逃がれて脱出。一同がバフマンに説明を求めたその時、再びシンドゥラの侵攻を告げる声が響くのだった…。

posted by AYA at 17:26| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。